協賛について

スポーツひのまるキッズ柔道大会の理念

image

日本の子どもたちがスポーツを通して健全に成長し、 もっと元気になってほしい


「柔道の本質」「親子の絆」
2009年度に3大会(関東・東海・九州)で行われました「スポーツひのまるキッズ小学生柔道大会」
2010年度は、全国8大会に広がりました。大会のテーマの一つは「親子の絆」。選手本人だけでなく、家族みんなで参加するという気持ちで、モチベーションや緊張感を共有していただきたいということ。そして、もう一つのテーマは無差別の大会ということ。柔道において少年期の育成が重要であることは言うまでもありません。その少年期に「柔道の本質」を改めて考える機会を提供したいというのが、この大会の狙いであり、願いです。
ぜひこの理念にご賛同ください!

親子の絆を深める

image

大会では、選手である子どもと一緒に試合場にご入場いただき、試合前には相手選手のご家族と礼を交わし、最前席で応援、 そして、試合後の挨拶も子どもと一緒に行なっていただくという、今までの柔道大会にはない、新しい形式を取り入れています。
子どもたちは保護者の前で、いつも以上に頑張れるはずですし、保護者も子どもの奮闘ぶりを目の前で見ることで、 勝ち負けに関係なく、その頑張る姿に感動を覚えるはずです。
また、礼法や立ち居振る舞い、相手を敬う気持ちといったものを、改めて親子で考える機会にもなります。
大会を通じて親子の絆を深める一つのきっかけを提供致します。

柔道の本質を知る

image

大会は、学年ごとの男女体重無差別で行われます。
体格が小さい子が、大きな子に勝つのは大変なことですが、 どう工夫して勝つかを研究するのが柔道の本質です。
大きな子にとっても、小さい子とやることは大変なものです。
過去のトップ選手の中には、少年時代に大きな子と対戦して、 柔道の本質を知り、その技量を向上させた選手がいます。
また、選手はもちろん、関わる全ての人に柔道の本質を広めます。
周囲の人に感謝する気持ち、対戦相手を敬う心、自分を尽くす姿勢…。
勝利至上主義ではなく、より良い人間形成の場を目指します。

ご協賛いただく方法は3つ

image
・御社名を大会名に!
・選手が御社名を背負って試合をします!
・あらゆる印刷物・掲示物・Web に御社名が掲載されます!
image
・御社の声援が励みになります!
・御社の社会貢献のしるしとして形に残ります!
・大会後、御社にお送りいたします!
image
・御社の声援が励みになります!
・御社の社会貢献のしるしとして形に残ります!
・大会終了後、プログラム5部をお送りいたします!